FC2ブログ

ぼんおどりです!

近くの神社から盆踊りの笛太鼓が聞こえてきます。
毎年のことですが良いもんですね、夏だな、、
幼少のみぎりには楽しみで仕方なかったのですが。
今は何でしょうか、ノスタルジーを感じます。
狛犬さん

今は町内会主体で運営してますが、

本来は宗教行事なんですよね!

昔からあって今も受け継がれているんですよね。
その昔にはさぞ薄暗い中で、輪になって踊っていたんでしょうね。
今みたいなカクテル光線何ぞ当然ありません。
石灯籠です


いやいや、かえってその方が雰囲気あったんじゃないかな?

それこそ(オバケ)が出易かったんじゃないかな?

ところで、オバケっていますよ!

興味あるひとは教えてください。
秘密で教えてあげますよ」。

たぶん寿老人だと思います


<span style=font-size:large>ではまた!
スポンサーサイト

宗教についてーファイナル

もう良いのにしましょう。
もっとよく考えてから、また書こうと思います。
ほんとに考えてたら夜も寝られなくなります!

おいなりさんです!


ちなみに仏教は一神教です!

日本に輸入?された時点から多神教に替えてしまったと思います。
ちなみに私んちは浄土真宗本願寺派です。
「悪人なおもて往生す」です。
それでいて近くの神社の氏子でもあります。
全く違和感なくみんなやってます。

鎮守の森です


この時点で多神教信者でスモンね。
原始的な宗教の形態を精神の中で温存してますね。


狛犬さん


どちらの教義にも共感できるし、違和感なく両立できます。
大体みんなこんな感じじゃ内でしょうか。

異論あろうかと思います。
遠慮なく仰ってください。
ほんとに自分自身確信がないんです。

宗教についてⅣ

何だか止まらなくなって来ました。
助けてください!

イザヤ・ベンダサン著 文藝春秋社刊

「日本教について」より引用

ネイチャーとゆう英語を日本人は二つに訳し分けます。
一つは「天然」でもう一つは「自然」で、私の考えではこのうち「天然」のほうがネイチャーに近いと思います。
(原文のまま)

たぬき


かみさま、とゆう場合「GOD」では理解できない何かがあるように感じていました。
言語の違い、文化の違いはいたし方がないとして
「かみさま」と日本人が叫ぶ場合何か一つのものをさしていないように感じます。
これが「仏様」だとニュアンスが違ってきませんか。
意識して明確に分離している人は少ないんじゃないでしょうか。

鏡餅を焼きます


世界中に多神教はあります
ギリシャ神話
北欧神話
インド神話
 等々。。。。。

どれも主役の「かみさま」たちが妙に人間くさいんです
嘘をついたり、浮気をしたり、嫉んだり、喜んだり、悲しんだり。

一神教の「GOD]達はそんなことはありません!

まさに「神」です。
民族を導いたり、戒め救い助ける存在です。

仏教は一神教なんでしょうか?

ますます収集がつかなくなってきました!
誰か助けてください!
また明日書きます。

しいたけは不作です


ごめんなさい!

宗教についてⅢ

またまた思いついたまま書きますね。

人はなぜ崇拝しようと思ったんでしょうか。
神様とゆう概念はなぜ発生したんでしょうか。
普通に食べて寝るだけなら全く必要ないですよね。
現代でもそうでしょう!

庭に咲いていました


そこで村社会について考えてみたんです。
原始時代ですよ。

集団を統率していこうとしたら、ある種権威が必要になります。
腕力だったり、知識だったり、ともかく人より優れた何かを持った人がリーダーとして統率していきます。
デナケレバ社会は維持できません。

この統率力の強力なものが一神教じゃないかと!

何か強力な統率力を必要とする自然環境で生きていこうとすると、唯一絶対の「神様」が必要なんじゃないか。

不毛の大地で、他民族の迫害を受けながらも発達をとげた文明にこそ強力な権限(絶対神)が必要になってくるのではないか。


勝手にかぼちゃがでてきます


多神教(原始宗教)が残っている社会とはつまり、そういったシビアな現実に直面する事無く過ごして来れたとゆうことではないか。

日本人のおおらかさはこんなトコニ由来してないか?

唐獅子ボタンのやつでしょう


もう少し考えてまた書きます。

反対のご意見どしどしおっしゃってください。
よくよく考えないと間違えそうなんです、ほんとに!

宗教についてⅡ

またまた、思いついたまま書きます。

今年は冬の積雪が無く水不足が心配されました。
水争いとまでは行きませんでしたが、多少の言い争いがありました。
どこの田に水を入れるかで、多少の話し合いが必要になりました。

こんなこと初めてでした。

まあ程なく雨が降り、台風も来て問題にはなりませんでしたが。
こんなことほんと江戸時代の事だと思っていました。
同業組織まだ生きていました。
おじぞうさな


思うんですけど、要は争いごとを極力避けようとするコミュニティーが働くんですね。

ほとんど無意識に!

なぜだろう、これが大陸系の狩猟民族だと他部族との争いごとは殺し合いに発展しているんですよ。
例えるなら中国の王朝交代。
イスラム世界における侵略戦争。
中国の天朝思想なんて最たるものですよね。

そこでかんがえてんです。
古い原始宗教はまず多神教ですよね。
世界宗教に発展するのはまず一神教でしょ。

八百万の神々がいるわが国の神道は原始宗教の部類でしょう。

現代では様々な思想宗教が輸入されていますが、それらを日本人が理解するプログラム自体は実は原始宗教なのではないかと。

ほぼ見意識のうちに、「やおよろずの神々」の一派として民主主義や仏教を理解しているのではないか。

たぶん寿老人だと思います


でなければむりなんです!

結婚式をチャペルで挙げ、子供のお宮参りをして、盆暮れには故郷に帰り墓参り。
法事はお寺さんにお願いして、クリスマスにはケーキをみんな買ってくる。

まったく違和感無く平気でみんなしてるんです。

これは、無宗教とは絶対ちがいます!
無宗教論者はクリスマスだと言って何か特別なことはしません。
それ自体が宗教行為だから。
また、結婚はしても神社に行って祝詞を挙げてもらうこともしません。

みんな違和感無く平気でサラットやってるんですよ。

これってもの凄いことなんですよね、よく考えてみたら。

我々全く良心に呵責がないでしょ!

当然私もそうなんですが。
これって要するに多神教信者とゆうことではないでしょうか!


たぬき


またもう少し考えてからかきますね。
反対のご意見もあろうと思います、ご遠慮なくおっしゃってください。

まだホンとは不確かなとこがあるんです!

お願いします!heart02

宗教について

ふと、思いついたことを書きます。

宗教とは何ぞや?

神様を信じることか、運命を信じることか。
各宗教、様々な教義があるが果たして必要なことか。

いえね、実は先だって私のとこの氏神様(村の小さな神社ですわ)の山の芝刈り奉仕活動に参加したんです。(ホンとは順番が来たからいったんですが)

昔の池の周りにはありました、イタチ避けのためだそうです


さて、昔と違い道路は出来るは家は立つはで昔の面影がだいぶなくなっていますがね。
はてはて、ご神体とはどこぞやと思ってんです。

皆さん知ってました。
神道では

ご神体はありません!

偶像崇拝はわが国の宗教には本来ないんです!

偶像が出てくるのは、天平文化以降の仏教から後のことです!

つまり、山が神様なのです。
川が神様なのです。
大自然自体が神様なのです。


子供の頃から何度も神社に行ってましたが、実は知りませんでした。
ただの百姓ですので上手く表現できませんが。
カルチャーショックでした。

また調べて、続きを書きます!11月に咲くあさがおです

プロフィール

tunehusa

Author:tunehusa
日々の移ろいを兼業農家しながら記録していきます。
平凡すぎてつまらないかもしれませんが
気長に書いていきます。

リンク、コメントフリーです
こんなのでよければご自由にお使いください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問者数
暗算トレーニング
by Orfeon
パチンコゲーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク